根無し草のように東西南北。島と名のつくところに出かけた放浪記


by gonsima

<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

島へ。52号 発売


e0062643_12403348.jpg


2月1日発売の「島へ。」
今回は小値賀のUI記事、周防大島を紹介しました。
どちらの島も元気ある島。
日本中にある島もどんどん元気になるとうれしい島っこgonです。


島へ。52号
2月1日発売
海風舎発行。
URL : http://www.kaifusha.com/
[PR]
by gonsima | 2010-01-31 12:44 | 書籍紹介

めんくいも納得!

日本三大麺処といえば!

讃岐うどん・稲庭うどん・水沢うどんだが

五島うどんもこの三大ゾーンに匹敵するくらい、うまい麺処である。

e0062643_1848791.jpg




五島うどんの歴史は古く、唐使の時代に、五島列島に伝わったといわれるのが五島手延うどん。

元寇の役に捕虜となり、五島に住みついた中国人が教えたというような数多くの伝承が各地にあり、どれが本当の起源は確かではないが、大陸から伝わった事は間違いない。

五島列島自体、遣唐使の寄港地で、東西文化の重要な中継点でもあったということになり、中国をルーツとする麺伝来の路でもあったといわれているのだ。
つまり日本の麺ロードの拠点。

すると日本三大うどんの元祖ともいえる五島うどん。
讃岐出身の自分もファンのひとり。

細細麺でありながら、コシはたっぷり。ぐらぐらのお湯で茹でても、
ねばりあるのど越しはさぬきうどんとはちがったよさがある。

e0062643_1925652.jpg


この五島うどんに欠かせないのがあごだしスープ。
美しい五島の海で育まれたトビウオをつかったスープ。現地ではトビウオはあごとよばれている。この独特な味は風味豊か。あごそのもの味を活かした出汁は五島うどんとも相性抜群。旨みも最高。

e0062643_19264566.jpg

あご出汁のうどんのお供につけたのは広島の牡蠣をねりこんだかまぼこ。

e0062643_19274121.jpg


ぜいたくに分厚くカットし、2枚のせてできあがり。

日本三大うどんというカテゴリー。
今はもっと多いうどん処が挙手するんだろうな……。

五島うどんは日本を代表する麺であるのは間違いない(^_^)v

にほんブログ村 旅行ブログへ


にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ


にほんブログ村 グルメブログへ



にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ


ブログランキング・にほんブログ村へ




↑島の気分を楽しんでいただけていますか? どうぞこれからもよろしくポチっとお願いします。
[PR]
by gonsima | 2010-01-16 19:32 | 日本:五島列島

e0062643_1129293.jpg

@ゴン麹 こすずSP

小値賀トマトは甘くてうまい

島好きなら一度は食べてみたいひとつである。
小値賀じけもんと称されるなかでも
かなりの確率でリピーターが多い。

今回は小値賀のトマト農家のなかでもミニトマト農家の若い夫婦、若者に出会った。
今月の「島へ。」52号の酔いどれ酒蔵探訪で紹介する。
発売日は2月1日発売。海風舎より発行。

Iターン者が島で農業研修をうけ、2年後就農するシステムをもっているのも小値賀島だ。

「真の島人を育てる、望む」という島の方針は根づき、ようやく花咲きだしたようである。



e0062643_1416157.jpg


おぢかとまとジャムは島の人気商品。甘い味はトマトそのもの。
パンにもいいがおかずの味付けにも最高。
※トマトは島トマトの大玉。

新しく登録しました。(*^_^*)。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



↑島の気分を楽しんでいただけていますか? どうぞこれからもよろしくポチっとお願いします。
[PR]
by gonsima | 2010-01-15 14:17 | 日本:五島列島

e0062643_15208100.jpg


「瀬戸内海にうまい麺屋がある」という情報は何年も前から聞いていたが、
ようやくその麺に出会うことができた。
そのお店は「たちばなや食堂」

めんくいがわざわざ集まるのが周防大島麺処である。

e0062643_1530246.jpg


地産のイリコだけで作るスープは大評判で、
島人はもちろん、
噂を聞きつけて全国からわざわざ食べにくる人も少なくない。

スープの色も薄く澄んでおり、中太麺は、少し固め。(日によって異なるかも)
スープによく絡む。

スープはアッサリで香ばしさ100%。 チャーシューもやわらかく、2枚もはいっている。

オーダーの仕方は 「そば●つ」 。なんともシンプルだ。

e0062643_15233281.jpg


店内に 貼っているメニューは創業当時からのもの。
大繁盛店なのに、メニューは4つ。 「中華めん・うどん・いなり・餃子」

ラーメンとうどんの共存。素敵な空間だ。


おいなりさんはだしがたっぷりで甘め。
そばと同時に注文するのが、常連だそうだ。


e0062643_15303062.jpg


おそるべし島のラーメン。
またすぐに食べたくなる、瀬戸内のラーメンは今日も健在で
めんくいのお腹を満たして幸せにしてくれている。

e0062643_1525312.jpg


中華そば『たちばなや』 
住所:山口県大島郡周防大島町西安下庄1-1
電話:0820-77-0132 
営業時間:10:00〜20:00 
定休日:不定休
駐車場:有




↑島の気分を楽しんでいただけていますか? どうぞこれからもよろしくポチっとお願いします。
[PR]
by gonsima | 2010-01-14 15:31 | 日本:瀬戸内海