根無し草のように東西南北。島と名のつくところに出かけた放浪記


by gonsima

<   2007年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

消える・・・島

温暖な気候で知られる、瀬戸内海。

沖縄とはまた違った多島美スポットとして隠れファンも多い。

その瀬戸内海に浮かぶ島のひとつが、なんと!消滅の危機が訪れているという!(>_<)

東広島市安芸津町沖の瀬戸内海にある無人島・ホボロ島。

e0062643_1933259.jpg


かつては緑あふれた島だった。
が、いつのまにか人は消え、

住人となったのがナナツバコツブムシという虫。

なんだ、虫かっと安心するなかれ。

大繁殖したナナツバコツブムシが無数の穴を岩にあけ、
その穴に波が浸食。
岩が削られていっているという・・・・・・。

虫に陥落しそうな島。
コツブムシの氾濫である。

島にあった2つの岩山の高いほうは、完全に沈没して、海へと崩落した。

異常なスピードで消えていく島。
ホボロ島は1928年の地形図によると、
東西約120メートルの細長い島であった。
最も高い所で21.9メートルあり、
昭和30年代に撮影された写真では二つの岩山がくっきりと撮影されている。

高い方には松など植物が生えているのが確認できる。

が、現在は、高い方の岩はなく、岩が散乱する砂浜に
6メートルの岩が一つ立つだけという有様。
満潮時になるとほとんどが水没する島なのだ。

台風が瀬戸内を通り抜けるたびに小さくなる島。
台風どころか、虫でこのたび、消滅の危機が訪れようとは・・・・・・

気が気でない島なのである。

この虫。まだまだ大繁殖は・・・止みそうにない。
これも自然の摂理なのか。
なんともいえない現実だ。


詳しくは 広島自然研究会の報告で・・・!
http://outdoor.geocities.jp/hhiroshimasizenken/hobolo.html




↑島の気分を楽しんでいただけていますか? どうぞこれからもよろしくポチっとお願いします。
[PR]
by gonsima | 2007-06-26 19:03 | 日本:瀬戸内海

面白い島ネタ本を発見!

友達宅からの帰り道。

コンビニで飲み物を調達していると

目に飛び込んできたのが・・・この日本地図の謎 おもしろ島々地図

e0062643_11142876.jpg



さっそくぺらぺらめくっていると
いわゆる雑学ネタの島版

島っことしては面白い一冊だ。223頁全て島ネタである。
●ひとつの島なのに二つの名前をもつ島
●硫黄島は年々大きくなった
●日本地図から消えた島
●負けた小次郎の名がついた島 などなど・・・・・

ワクワクするようなB級ネタが満載(o^∇^o)

製作に携わっていないけど♪

・・・・・・こんな本。だしてみたいなーと思えた島本!!!

興味ある方、アマゾンでも購入できるので、ぜひ、一冊。

右枠のライフログの下の写真をクリックすれば本情報にアクセスできるよ♪

時間つぶしでも
島達人を目指すにしても!
いかがだろうか?

一度訪れたところも、おぉ。こんなのあるんだー!と思えるネタあるので、
島巡りにはぴったりの一冊である。




↑島の気分を楽しんでいただけていますか? どうぞこれからもよろしくポチっとお願いします。
[PR]
by gonsima | 2007-06-13 11:13 | 書籍紹介

10歳の社長 見参!

沖縄では有名な10歳の社長こと吉田拓郎君。

e0062643_8325534.jpg


@琉球朝日放送HPより借用


全国ネット8チャンの朝の番組で、彼を拝見した♪
噂だけは知っていただけに、興味津々で番組を拝見。

弱冠10歳で、既に企業の社長というから驚きだ。

久米島真謝に、ノニ飲料製造の「久米島物産販売」という家族経営の工場が拓郎社長の会社である。

社長の拓郎君を筆頭に、お父さん、秘書のお母さん、そして初代社長のお兄さん(16)で経営しているそうだ。

起業のきっかけは
東奥武島に自生するノニの果実のほとんどが、
島外業者によって、買い取られているというのを知り、
「島のもの。島でなんとかしたい」 と拓郎社長が両親にうったえたそうだ。

この言葉により2006年1月に会社設立。
役員は全て家族という家内工業となる。

拓郎社長とお兄さんは学校から戻った後や休日を利用して、農園管理、品質向上に奮闘している。


ちなみに拓郎社長の1日のスケジュールは
5:00  起床
6:00  宿題
7:00
 |   学校
14:00
 |   遊び    ←ここは子供っぽくていいですね♪
16:30
|   営業企画 ←ここが違う
18:00
 |   家用事、遊び
21:00 就寝

オン、オフをきちんと区別して過ごす拓郎社長。
将来の夢はエンジニア。

「ノニ栽培に役立つ機械を設計したい」という10歳の少年(失礼)、社長の将来の夢。

拓郎社長にいつか「がんばれよ」といわれたい・・・数十歳上の私。

久米島の将来。かなーり楽しみである。

e0062643_8332894.jpg

@久米島物産販売より借用

ちなみに、拓郎社長の起業HP
はこちらです。


ぜひチェックしてみてくだされー。






↑島の気分を楽しんでいただけていますか? どうぞこれからもよろしくポチっとお願いします。
[PR]
by gonsima | 2007-06-12 08:30 | 日本:沖縄